趣味 についての記事一覧

カプセルトイ お手うさ

可愛い物があればつい手が出てしまうカプセルトイ。今回はアイピーフォーの「お手うさ」を買った。

  • [お手うさの写真]

カラーはパンダ。らぶ。

紫陽花 (2)

今が紫陽花の旬である。今年は、晴れた日の紫陽花を撮ってきた。

  • [紫陽花の写真 7]

24mmで光を入れて撮る。夏のような印象になった。

  • [紫陽花の写真 8]
  • [紫陽花の写真 9]

58mmでやや暗い感じに撮る。紫陽花は日に当たって乾いていると哀しいように見えると思う。濡れている方が生き生きしている。

  • [紫陽花の写真 10]

58mmを使いもう一度逆光で撮る。暑さに参っているような雰囲気だった。

紫陽花と言えば雨だと思う事に変わりは無いが、晴れの日の紫陽花も違った表情が見られるので好ましい。

百合

百合の花は可憐さと豪華さを併せ持っているように感じる。

  • [百合の写真 1]
  • [百合の写真 2]
  • [百合の写真 3]

意外と丈夫なのも良い。

ラヴジョイ彗星

8日の夜、彗星が見えると聞いて、最初は「もう夜だし寒いしお風呂入ったし……」等と思っていたのだが、段々居ても立ってもいられなくなり、ついに寝間着の上からジャージと上着を着込んで外へ出たのだった。

肉眼では見えないが、大体の位置を調べ、この辺りかなと当たりを付けてISO感度を上げ撮ってみると、うっすら緑色の彗星を思ったより直ぐに見付ける事が出来た。ただ、夜なのでピント合わせが大変だった。D610のライブビューは高感度モードが無いのだろうか。あればピント合わせにとても便利だと思う。

  • [ラヴジョイ彗星の写真 1]

中央やや左上にある少し大きな緑色の点が彗星である。見え難いが左上に向けて尾を引いている。

現像する際に色を整えトリミングしたが、まあまあ良く撮れたのかな、と思う。見せた人には割と好評だった。

次に来るのは8000年後らしい。プリントしてラミネートして箱にでも入れておけば、その頃に誰か発見してくれるだろうか。

稲も収穫された

稲がつい先日に来た台風19号のせいで、斜めに斜めとなっていた。

  • [稲の写真 2]

それでもしっかりと根を張り、倒れずに済んだようだ。

  • [稲の写真 3]

そんな稲だったが、ついに収穫される事となった。稲を撮るのは楽しかったのでちょっと残念だったが、その日は仕事をしながら刈り取られる様子を時々眺めていた。

  • [稲の写真 4]

後には茎が残っているだけ。この記事を書いている現在ではすっかり藁となり、田圃の持ち主に少しずつ持ち帰られているようだ。

また、落ちた米を狙ってなのか、よく雀が飛んで来ている。

  • [稲の写真 5]

秋は稲刈りが終わり、紅葉が過ぎれば、次は冬になる。苦手な寒さも季節の風物詩として楽しみたい。と言っても、雪が降るほど寒くはならないのだけどね。

夕焼け

一昨日の写真だが、良い夕焼けだった。

  • [夕焼けの写真 1]

真っ赤な空はとても好き。鮮やかなのも良いが、雲に反射してじわっと赤く広がっているのもいい。

写真愛好家の中では、日没前後の青と赤が接する時間をマジックアワーなんて言って狙い目とされてるが、一面に赤が広がって燃えているような空も美しいと思う。でも赤い夕焼けの写真ばかり撮って見せたら、赤ばかりはどぎついと言われた。まあ確かにね。

AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II

ついに買ってしまった……。本当にそれが必要なのかと言われたらゴメンナサイと言うしかない純正 70-200mm f/2.8

  • [70-200mm f/2.8G 外箱の写真 1]

ずっしりとした1.5㎏をそっと取り出す。

  • [70-200mm f/2.8G の写真 1]

早速、自分の彼女を撮ってみたりした。撮られるのは苦手と言う事だから撮った後は消すかどうか聞くのだが、今回はそのまま良いよと言って貰えて嬉しい。宝物が増えた。でも、レンズ見てると(ガラスに)触りたくなると言われてビクビクする。

他には家の中で試し撮りしたり、家の周りで花や草木を撮ったりした。折角の70-200mmなので200mmばかり使った。開放だとピントを合わせ辛いが、慣れて来ると段々と合いだしてきて撮影が楽しい。まあ、嫌でもボケるので日中はF5.6~F8辺りを使う事が多くなりそう。あと、私は最小絞り近辺も使う事があるが、このレンズで使う事があるかどうかは怪しい。手持ちがメインだし。

一つ気になったのは、考えてみれば当たり前なのだが、200mmだとISO感度が上昇しがちになる。やはりこの焦点距離だと三脚が前提になる事が多いのだろうなと感じた。

近々、これをもって散歩しようと思う。私の住んでいるところは田舎なので、多少大きいレンズを持っていても気にされない。普段からニコニコと挨拶をしているおかげでもある。

AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II (楽天)

そろそろ稲穂に実が付いてきた。

  • [稲の写真 1]

田圃を眺める度、いつの間にこんなに大きくなったのだろうと感心する。

今年は知り合いのおじさんが作っている田圃で稲を刈らせて頂く予定があるので楽しみだ。

家にある栗が後1、2箇月もすれば落ちてきそうだ。

  • [栗の写真 2]

木は結構大きい。時々強めの風が吹くと屋根に落ちてドンドンと音を立てる。

  • [栗の写真 3]

この日は空も青く、雲も白く、栗の木も喜んでいるような気がした。多分気のせい。

  • [栗の写真 4]

絞り開け過ぎた。

この日は60mmマクロばかり使いながら撮っていた。一本でスナップ、ポートレート、マクロ撮影とオールマイティに使えるのでお気に入り。

浜木綿とオクラの花

先日、地元の海岸へ赴くと浜木綿(はまゆう)が咲いていた。

  • [浜木綿の写真 1]

と言っても行く時期が遅かったのか、まだ萎れずに咲いていたのはこの一本だけで、それでも黒くなっている雄しべが多かったのはやや残念だった。来年は早めに行けるよう気を付けよう。

続いて自分が手入れをしている畑に行くと、オクラの花が咲いていた。

  • [オクラの写真 1]

オクラの花は朝までなので平日に見る事は無いが、休みの日はゆっくりと眺める事が出来る。見様によっては中心がややグロイかもしれないが薄い黄色と黒に近い赤のコントラストが綺麗で見応えのある花だと思う。しかも見終えた後は実も美味しいと一石二鳥。

他にも朝顔や、名前を知らない花などをゆっくり見ながら散歩することが出来て、良い日だった。

様々な雲

雲を見ると癒される。

  • [空の写真 1]
  • [雲の写真 1]
  • [雲の写真 3]

珍しい形の物も面白いし、晴れた日に浮かんでいる厚い雲も好き。

電柱

月明かりにつられて上を向くと電柱が妖しく佇んでいた。

  • [電柱の写真 1]

込み入った電線に惹かれる気持ちというのはどこから湧いてくるのだろう。このごちゃごちゃ感をたまらなく感じてしまう。

紫陽花

6月と言えば梅雨で、梅雨の雨空に似合う花と言えば紫陽花である。

今年は真っ赤な紫陽花もちらほら目についたが、残念ながら写真を撮るまでには至らなかった。

  • [紫陽花の写真 1]
  • [紫陽花の写真 2]

壁際の写真は寄ったり引いたりしてこの距離に落ち着いた。間から出ている草が気になるが、整理されていると逆に寂しくなりそうな気もする。

次の4枚はレンズを換えて撮ったものだ。カメラはもちろん写真を撮るためにあるのだが、レンズを交換しつつ色々と試していれば、撮る事自体も面白いものだと思う。

  • [紫陽花の写真 3]
  • [紫陽花の写真 4]
  • [紫陽花の写真 5]
  • [紫陽花の写真 6]

まだまだ紫陽花は見頃である。沢山の紫陽花が咲いていると色が賑やかで、とても綺麗だ。

薔薇

  • [薔薇の写真 1]
  • [薔薇の写真 2]

母は薔薇が好きで、よく買ってきては植えている。ただ、育てるのは苦手で大体1シーズンで終わるのが残念。

これの他に班入りの物もあるが、どれも綺麗だと思う。薔薇に熱中する人が多いことも、よくわかる。

ベゴニア

  • [ベゴニアの写真 1]
  • [ベゴニアの写真 2]

お花を撮りにうろついていたら、ベゴニアが沢山咲いているところがあった。最初は名前などわからず、ただ綺麗な花だと思っていただけだったのに、好きになると名前まで知りたくなる。

リナリア

  • [ヒメキンギョソウの写真]

とても好き。リナリア畑とかあったら一日うっとり出来る。

夕日とタンポポ

  • [たんぽぽの写真]

タンポポの綿毛は光が当たるときらきらして綺麗だ。

数日と経たず散ってしまうが、この中からどれだけの種が花になるのだろう。

パンダのストラップ

  • [パンダ人形の写真]
  • [パンダ人形の写真(2)]

プレゼントで貰ったパンダのストラップ。写真に何か一つ添えたい時に良く使っている。とても可愛い。

スノーフレーク

  • [スノーフレークの写真]

うちの玄関先にスノーフレークが咲いていた。毎年咲いて足元から癒してくれる。

桜の撮影 (2014年春) その2

今日は良く晴れていたところに休みを取れたので、また桜を撮りに行ってきた。70枚くらい撮ったが、上を向く時はどうにも木を右下に置く癖があるようだ。

同じような写真が多いが、7枚選んだ。

  • [桜の写真(5)]
  • [桜の写真(6)]
  • [桜の写真(7)]
  • [桜の写真(8)]
  • [桜の写真(9)]
  • [桜の写真(10)]
  • [桜の写真(11)]

今日は空が真っ青で、とても気持ち良かった。良く晴れた日の桜は綺麗で素敵。

桜の撮影 (2014年春)

去年は丁度D7100を買ったばかりで、桜をとても楽しく撮った覚えがある。今年も休みの日に咲いていたら行こうと思っていて楽しみにしていたのだが、天気は生憎の曇り模様になってしまった。それでも今日を逃せば自由に撮影できる機会が一年後になるので、近くのダムへ足を運ぶ事にした。

到着して辺りを見回すと、前日の雨のせいで桜の花は散り始めていたが、とは言え満開直後といった具合で桜自体はとても素敵なものだった。早速撮り始めようと準備をするのだが、如何せん天気が悪く、どうしても上手く花の色を出せない。上手い人は曇りだろうがしっかり撮るのだから凄いと思う。

それでも色々と試行錯誤しながら、用事がある時間になるまで1時間ほど撮り続けた。途中で少し晴れ間が見えはしたものの結果的には平凡な物しか撮れなかったし、桜自体もファインダー越しにばかり見てばかりできちんと観る事もしなかったが、夢中で時間を過ごせたので今日は良い日だったと思う。

  • [桜の写真(2)]
  • [桜の写真(4)]
  • [桜の写真(3)]

何だか全部右に寄っている。

D610

  • (D610 + AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR の写真を参照)

相変わらず、散歩をする時はこのカメラを持ち歩いている。レンズは純正24-85mmと、50mm F1.8G60mm F2.8Gの3本だ。自分が一番多く使う画角は50mm付近だし、マクロも好きなので、主に使うのは単焦点2本となり、24-85を使う事はそう多くない。

でも、D610と24-85mmのセットは見た目が格好良いと思う。フードの形とレンズの太さ長さ、本体の大きさが上手い具合にバランスが取れているように感じる。趣味だから見た目も大切だ。

D7100からD610に替えても撮影のスタイルや対象はあまり変わらない。基本的には風景や花、物がメインで、残りは人物を少々といったところだ。ただ、D7100の時は18-105mmを着けていたので、時々、長いレンズが欲しいな、とは思う。広く写せるようになったのは良い。

今のところは特に不満はない。評判通り暗所のAFは良くないが、普段はMFも併用して合わせている。ただ、改善はした方が良い。個人的には、AFポイント数よりも重要だと感じている。

巷で言われているような、次期機種のローパスフィルタの有無については、あまりこだわらないが、どちらかと言えば有っても良いと思っている。私は今の画素数が丁度良いと思っているが、この画総数ならローパスフィルタを無くさない方が良いと思っているからだ。ただ、ローパスフィルタレスにした方が売れるのだろうなあ、とも感じる。

明日は海岸の掃除がある。終わったら、これでまた海を撮ってこよう。

  • (海の写真)
  • (桜の写真)

APS-C機からフルサイズ機へ

私が一眼レフに興味を持ったのが昨年の丁度今頃で、同年の3月にはD7100(18-105 レンズキット)を購入した。初めての一眼レフは見た目も感触も、何より写した画もコンパクトデジタルカメラとは大違いで、たちまち心を奪われたものだ。ほんの2か月前にDSC-RX100を買って使い始めた時も、それまで使っていたカメラと違うその綺麗な画……細いままなのにはっきりした輪郭、うっすらと見える明るい影や暗い光に驚いたものだが、D7100はそれ以上の衝撃だった。

とは言え、最初の頃は諧調やら何やらよりも、やっぱり背景のボケを楽しんで、この画は一眼レフならではだなあなどと悦に入っていたのだった。しかし段々と、もっと良い画を撮ろうという欲が出てきて色んなサイトの記事や雑誌を読み、上手くはないがまあ人にちょっと褒められる程度になってきた。

そうしてスローペースながら撮影ライフを楽しんでいたのだが、その裏では少しずつ、フルサイズ機が欲しいという欲求が大きくなっていた。最初の頃は「撮影の腕は機械の性能じゃない」とか、「今のカメラですらまだ使いこなせていないのに」とか言い聞かせ、何より「お金がないだろう」と自分を諌めていた。大体、自分の撮影スタイルを顧みると、フルサイズでもAPS-Cでも違いが出るようには思えなかった。そもそもD7100自体はとても良いカメラだし、不満も無かった。

なのに、ついぞD610を購入してしまった。決め手は本体そのものではなく、評判の良い50mmレンズを50mmの画角で使いたかったからだ。もっと言えば、50mmだけで撮り歩いてみたかったからだ。

別に、35mmレンズを使えば良いと頭では解っているが、何だろうなあ、「フルサイズと50mm」という記号に惹かれたのだろう。

  • (D610とD7100の写真を用意した)

(微妙にピントが後方なのは、近寄り過ぎたせいです。)

彼岸花を撮り歩く

今日は久し振りにゆっくりできる休日だったので、やや曇っていたが午前に家の周りで写真を撮り歩いた。狙いは主に彼岸花である。

私の勤めているところは主に介護に関するの事業を行うところである。その中の一つである通所系の利用者さんに地元の人が居て、その方は視力に難があり外へは滅多に出ないのだが、もう彼岸花が咲いているのではないかと気にしていたので写真を撮ってこようと思っていたのだ。尚、個人的に差し上げる物ではなく、壁の一部にちょこんと貼って、それを見て頂くだけのものである、念の為。A4サイズに印刷するので「ちょこん」ではないが……。

彼岸花は群生するので咲き始めから数日が美しいように思える。最初に咲いたものはもう終わり始めていたり、既に花が落ちている物もちらほらとあったりして、鮮やかな群れとまではいかなかった。

とは言えまだまだ蕾が沢山あった事だし、もう数日は道端も賑やかな事だろうと思う。

  • 彼岸花の蕾の写真。

おまけ。連日、我が家に植えられている木から栗の実が落ちてきている。この後、トゲを摘まんでそーっと持ち帰った。

  • 落ちていた栗の実の写真。

家にある古いカメラ - Canon FX

  • Canon FX

このカメラ、調べてみるとそこそこ古いようで、1964年(昭和39年)4月に発売された物らしい。うちの祖父辺りが買った物なのだろう。手入れをしていないので汚れている。

少し前に使った形跡があり、まだ新しいフィルムが入っていた。確か、ここ数年でこのカメラを使ったのは自分だけだと思うので、あまり躊躇せずフィルムを廃棄する事にした。その内に新しいフィルムを入れてみるつもりだ。

ただ、自分は撮影もカメラも好きであるもののアナログに思い入れがあるわけではないので、今すぐこのカメラを使ってみたいという気持ちは無い。でも近いうちに使ってみようと思う。後、分解清掃してくれるところを見繕って、きれいにしてもらおう。