生活用品 についての記事一覧

ボディシェーバー ER-GK40

私は介護の仕事をしているが、その中で入浴を介助する事がある。その際は半袖のシャツに膝までのズボンを履くのだが、すね毛が濃い目なのでやや見苦しい。そこで、ボディシェーバーなる物を購入し、使ってみた。

購入したのはPanasonic ER-GK40。一台で首から下ならどこでも剃れると言う優れ物らしい。と言っても困っているのはすね毛だけなので、他の毛には浮気せず、早速すねに当ててみる事にした。

毛の長さを調節する3mm、6mm、9mmのアタッチメントが付いているので、先ずは9mmを使ってみた。尚、剃る方向は剃刀と違って生える方向と逆向きに動かすらしい。一通り説明書を読んでちょっとウキウキしながらいざ開始……したところ、何と言うか、毛が引っ掛からずに剃れない。勿論、水に濡らしたりはせずドライでやっているのだが、ほとんど刃に引っ掛からないではないか。それならいっそと思い3mmを使ったところ、ようやく引っ掛かりだした。また動かす速さも色々試したが、ゆっくり確実に動かす方が引っ掛かるようだ。それでも剃り残しが出るので横から当てたり角度を変えたりしながら何とか薄くなってきたところで電池切れ。不完全燃焼という感じだ。

全体的には薄くなったのでそれは良かった。でも不揃いな個所があるのが気になる。尚、後日アタッチメントを付けず腋に使ってみたが、そちらの方は良く剃れて居たのでアタッチメントが駄目なのだと思う。私はツルツルにしたいんじゃなく見苦しくない程度に整えたいと思っているので、そういう用途を考えるなら値段分の価値があるとは思えなかった。

いまいち。

  • Panasonic ER-GK40の写真。

万双 ブライドル ミニ財布

私は普段、ちょっとしたお出掛けをする際はカードが要るかどうかで長財布と小銭入れを使い分けていたけれど、やっぱり二つ折り財布を欲しいと思い始めた。長財布は嵩張るからなあ……。

そして、ちょっとしたお出掛け用なのでちょっとした物で良い、大きさ、素材、値段、それらを重視しようという観点から幾つか見て回ったところ、今回は万双のブライドルミニ財布を購入する事に決定した。ブライドルレザー大好き。

レビュー

以下、簡単な紹介。尚、写真は先月20日頃の、届いたばかりに撮った物だ。

  • [写真1] 本と比較すると、大きさが分かり易いだろう。
  • [写真2] 横向きでも比較した。それ程大きくない。

大凡、文庫本の半分より少し大きい程度なので、ポケットに入れても邪魔にならない。但し、コンパクトである反面お札を沢山入れるには不向きだ。最も、これは二つ折り財布自体の弱点だけど……。この財布に関しては、10枚入れると多少閉じ難くなる。取り出し易さを考えると5~7枚までだろうか。一万円札を1枚、なんて使い方をするとお釣りが多くなるので千円札ばかりの方が良さそうだ。大量のお札を使う時は素直に長財布が良い。

  • [写真3] 少し近付いて縫い目を見てみよう。

縫い目は微妙に不揃いだ。縫い始めの頃と縫い終わりの頃で間隔が違うのは残念。菱目打ちをした上から綺麗に縫うのは、この価格帯では難しいのだろうか。

  • [写真4] 内装は無染色の革だ。

カード入れが一つと、小銭入れの後ろにポケットが一つある。買った当時は固かったが、カードを入れて3日程放置して置いたらカード入れの方は使えるようになった。まだ1枚しか入らないけれど。小銭入れ後ろのポケットは、未だに使い難い。かなり押し込まないと財布を閉じられなくなるので、慣らす為と言っていきなりカードを入れると抜けなくなるかも知れない。厚紙を使って長い目で革を伸ばしていった方が良いだろう。

  • [写真5] 小銭入れの中は、ボタンの金具が剥き出しだ。

ボタンの金具にバリが残っており、小銭入れの内側が多少傷付いている。私は長細い金鑢で削ったが、革を新たに傷付けないよう、かなり気を使った。これは、制作時に注意しておくべきだろうと思う。

  • [写真6] 小銭入れのコバは無染色。

小銭入れの部分は、内側と外側で革の色が違うようだ。種類なのか鞣しなのか部位なのか、その辺りは良く分からない。

余談だけど、小銭入れに被せの跡が付いている。この記事を書いている現在は、日焼けによる色の差が大きくなり面白い。

まとめ

値段なり、だと思う。革が多い分、手間を多少削って安くしているのかな、という印象だった。

全体的に「値段を考えると」という感想を多く持ってしまうのだけど、一つとても良いと思ったのは、床面(革の裏側)が見えないという事。そこそこ高価な財布でも、内張りしていない物がある中、これは良い事だと思う。薄さ軽さは良いが、それでも床面が見えるのは敬遠したくなるものだ。追記:内張りだと思っているけど、もしかしたら磨いてるのかも知れない。どちらにせよ、ザラザラしていない。

他、カードを複数使う人は、素直に他の物を買った方が良いと思う。これは私も想定外だった……多少大きくても通常サイズの物を買うべきだったか。もしかしたらその内、他の財布を使う様になっているかも知れない。でも、この「小ささ」はとても魅力なんだよね。

万双 ブライドル ダブル天ファスナー

私は朝が好きではない。どうしても眠いので、普段の朝はローテンションだ。

だがある日、朝にもかかわらず爽やかに朝を迎える事が出来た。耳を齧られた猫が鼠を許してしまう様な気持ちで朝を受け入れた私は、いつも通り愛用のVAIOと、他にもそれなりに量のある書類を入れた鞄を持ち、このままいっそ車に乗らず走って通勤しようと思った程にテンションが高かった。

家を出て7メートル程進み、後2歩で車庫のシャッターに手が届こうかというところで、不意に地面に置かれていた鉢植えが突然私の方へお辞儀をした。当然、私も挨拶を返そうと立ち止まったが、その鉢植えは風もないのに突然よろけたと思うと、その内容物をこちらへ向けて撒いてきた。

恐らく、夜中に酔っ払いからチューハイの中身でもプレゼントされたのだろう。折角の爽やかな朝だったのに……と少しだけがっかりしながらも、近くを通って振動を与えた私が止めを刺してしまったのだ思うと居た堪れなくなり、多少遅刻をしようとも介抱する事にした。

また酔っ払ってしまっても倒れない様に穴を掘りセメントで固め、朝からの肉体労働に一息つきながら振り向くと、そこには鉢植えに負けず劣らず内容物をぶち撒けた私の鞄があった。荷物が多いのでファスナーを開けっ放しにしていたのが拙かったのか。とは言え、こいつには別に酒を飲ませた覚えはない。なのに、少し目を離した間だけですら立ち続ける事が出来ず、10年間歩かずにお菓子を食べて生きて来た人間のように倒れてしまった。これは直ぐにでも肉体的な補強が必要だと思ったが、ナイロンの体に鉄の定規を挿し込んだとしても、ただでさえ荷物が多く重い鞄が余計に重くなり、フォークより重い物はなるべく持たない私にとって最適解とは言えない。

万双ブライドル ダブル天ファスナーなら、そんな心配は要らず、沢山の書類を入れても五つの底鋲を使いしっかりと大地を踏み締めます。しかも重量は2Kg未満。以前の鞄に比べやや重くはなりましたが、これなら中に物を入れたとしても、牛を眺めながら持ち歩くフォークに比べたってそれ程重くはないでしょう。

  • [写真] ブライドル ダブル天ファスナー 斜め上
  • [写真] ブライドル ダブル天ファスナー 後ろ側

形は奇を衒わず、質実剛健さが伝わってきます。人によっては面白くないのでしょうが、私にとっては美しく感じます。それに、私の様な自分に自信が持てないタイプには、持つだけで出来るビジネスマンの様な錯覚を覚えられるので、向いているかも知れません。

  • [写真] ブライドル ダブル天ファスナー 錠前

錠前は自己主張をしない癖に存在感があり、それでいて見た目の邪魔にはなりません。難点としては開閉の邪魔になる事と、初めて触った時に開け方が分からない事でしょうか。丸いのでついつい押したり回したりしてしまいますが、押し下げる事で外す事が出来ます。又、錠前のベルトはデザインを優先したのか少し短く、窮屈と感じるかも知れません。

  • [写真] ブライドル ダブル天ファスナー 内装
  • [写真] ブライドル ダブル天ファスナー 付属している鍵

内装も落ち着いた雰囲気で、ブラックとのツートーンも綺麗な物ですが、内張りが革ではない事が少し残念です。とは言え、手入れが簡単なのは良い事だと言えます。

鍵は普段ハンドルにぶら下がっていますが、実際にこれで鍵をかける事はあまりないでしょう。鍵と鍵ケースに所謂遊びがなく、使い難い。また、鍵ベルトの輪になる切れ込みには何の処理もされておらず、直ぐに痛んでしまいそうです。

  • [写真] ブライドル ダブル天ファスナー 表面の白い粉

今は使い始めたばかりなので、表面にはブライドルレザー特有の白い粉(ブルーム)が沢山浮き上がっています。私はタオルで軽く撫でた後、馬毛ブラシで軽く擦り、服に付かない程度に落としました。因みに、タオルは繊維が縫い目等に引っ掛かり抜けるので注意しないといけませんが。

さて、早速使おうとしたがノートPCが入らない。いや入るけどちょっときつい。当たり前だが私のVAIOは15.5インチワイドなので大きいのだ。仕方ないので今まで使っていた鞄にノートPCを入れ、余ったスペースに着替えや弁当を入れる事にした。結果としてはきちんと使い分けしているので上々と言える。それに、鞄を二つ持ち歩くのはスマートと言えないが、車通勤なので幸運にもそれはあまり問題にならない。

丈夫な鞄一つに詰め込むのは、持ち歩く物が多過ぎて結局出来なかった。しかし、却って物を整理出来たのは良い事だし、何より私はこの鞄を気に入っている。当初の目的は達成出来なかったし、カードの返済額も増えたが、多少の不満点があろうとも、持っていて幸せになれる物を手に入れられた事には満足しているのだ。

  • [写真] ブライドル ダブル天ファスナーは美しい

ICレコーダー オリンパス LS-11 購入

私は直ぐに眠くなる。幾ら注意しても、されても一向に良くならず、どうすれば解決出来るか……。結局眠り癖を今直ぐどうにかするのは難しいので、次善策というか最低限の用意としてICレコーダーを買う事にした。会議なら議事録があるけど研修だとそうもいかない。毎回他の人にメモを見せて貰う訳にもいかないし。

実は以前から欲しくはあったけど、決定的だったのは少し前の研修で、講師のとても興味深い体験談を聴いてる内にいつの間にか眠り聞き逃してしまった事。とても勿体なく感じて後悔したなあ。盛り上がってきて楽しかったところまでは覚えてるけど、いきなりプツンと途切れて気付いたら終盤って。

と言う訳で、今回買ったのはオリンパス LS-11。現在出ているICレコーダーの中ではベストチョイス録音性、操作性共にとても良いと言われている物で、評判は中々良いようだ。

※この記事を掲載した時はベストチョイスと書いていたが、用途次第。音質は重視しないけどもっと手軽に録りたいなんて人には他の機種の方が良いかも知れない。それに値段。

さて、そうと決まれば早速購入。因みに購入前の比較対象としたのはヤマハ POCKETRAK W24と三洋電機 Xacti SOUND RECORDER ICR-PS605RMで、どうやらこの中での操作性や音質、機能はLS-11が一番かなあという事で選択した。

因みにこれらはICレコーダーの中でもリニアPCMレコーダーと言われている物で、拾った音をそのまま録る機能が付いた物の中でも、より良い音で録る事に重点を置いた物。良いマイクを使えば、ちょっとした楽曲録音機材としても使えるような物達だ(マイク次第という事。当然、内蔵されているマイクが良いに越した事はない)。勿論、自分で歌ったり演奏したりしなくとも、コンサートやライブへ行くのが趣味な人にとって綺麗に録音出来るこのような物は適していると思う。逆に言えば、単なる会話のメモ用途には過剰性能であるが……。

※コンサート等で録音する場合は許可されているかどうかに注意。

  • [写真1] 箱に入っている時点。
  • [写真2] 箱の中には写真のように入っていた。
  • [写真3] LS-11の大きさを身近な物で比較。

さて届いたよー。筐体は文庫本より少し小さいくらいと、持ち運ぶのには大きいかなって感じる人も居るだろう大きさ。私の用途だとあまり気にならないけれど、日頃からイザという時の為に持ち運ぶにはやや大きいかも知れない。

操作性は悪くないと思う。少なくとも解り辛くはない。説明書もすらすらと読めるし、ある程度触れば余程苦手でもない限り解るのではないだろうか。

音質については、内蔵マイクでもほぼそのままの音を録り込んでくれた。参考までに、録音した物を用意しておく。ファイル形式はFLACだけど、良く分からない人もProject9kよりSound Player Lilithを用意すれば簡単に再生出来る。尚、録音する際の音楽はニコニコ動画よりAncestorを使わせて貰った。

録音する際の設定はマイク感度High、ローカットフィルターOFF、指向性マイク機能OFFとし、録音レベルはマニュアル調節した。この二つのファイルは録音後に音量が大きくなる様調節した物だが、それでさえノイズが聴こえない事からLS-11の優秀さが判る。恐らく普段使いには充分過ぎるだろう。

欠点はデザインだと思う。ちょっと格好悪いかなあ……。

ナカバヤシのラミネーター、LAMI BOX A3 (PLB-A3) 購入

最近になって紙を扱う事が多くなり、きちんと保存したり扱い易くしたりしたい書類も出てきたので、思い切ってラミネーターを買おうと思い立った。ある程度綺麗に仕上げたいけどあまり高級ではなくて良いというわけで、4本ローラーのスタンダードな物の中から最終的にナカバヤシ LAMI BOX A3という機種を丁度一箇月前に購入した。因みに、LAMI BOXには2本ローラーと4本ローラーの物があるので、うっかり間違えないように注意だ。(4本ローラーの方が綺麗に仕上がる)

では実際にラミネートをしながら簡単にレビューする。紙は、手持ちのペーパーナイフを撮って印刷した物を用意した。

先ずスイッチを入れ、内部のローラーを予熱する。紙をラミネートフィルムで挟み熱で圧着させる構造上ローラーを温めなくてはならず、予熱が必要だ。買ったばかりの頃は解けたゴムのような強烈な臭いがしたが、何度か使う内に薄れていった。尚、予熱の時点でそれなりに電力を消費する為、ラミネートしたい紙を少し溜めてからやった方がトータルで安くつくかも知れない。

  • [写真1] フィルムで紙を挟む。
  • [写真2] きちんと挟み終わったところ。

多くの人はラミネートという作業自体あまりやらないかも知れないが、このようにラミネート用のフィルムで紙を挟み込み、ラミネーターに挿入する。このフィルムをずれない様にセットするのが少し大変だ。私はどちらかといえば細かいので、ここで結構神経を使う。フィルム短辺の片方はくっついており、ラミネーターに挿入する時はこちらを頭にする。

因みに業務用の中にはローラーに巻かれたフィルムでどんどん挟み込む物もあるが、家庭でそのような大がかりな物を使う事は滅多にない。

  • [写真3] LAMI BOX へ挿入。
  • [写真4] 機械の中を通過中。
  • [写真5] 機械の中を通過中。(2)

一旦きちんと挟むと落としたり変に振ったりしない限りはずれたりしない(と言うか、静電気で貼り付く)。いよいよこれをラミネーターへ挿入するが、前述した通り短辺の片方がくっついており、必ずこちらを頭にして入れる。逆にするとフィルムがずれたり機械の中で詰まったりしてしまう。さて、一旦挿し込めば後は待つばかり。この機種はA4を1分前後でラミネートする。

  • [写真6] ラミネート終了。
  • [写真7] ラミネート終了。(2)
  • [写真8] ラミネートされた写真。

言うまでもないが排出口のある方向には障害物を置かない事。この機種は排出口が背面にあり、本体から用紙1枚分の隙間が必要なので案外場所を取ってしまう。これに限らず前面から背面に紙が動くタイプは置く場所に気を使うかもしれない。

さて、この機種でラミネートした結果は……多少沿っているが許容範囲だろう。薄いプラスチックの板と同じようにペラペラしているので、一般的には余程の事がない限り多少の反りは問題がない筈。それに、室温やフィルム、紙の種類によってはきちんと真っ直ぐなる事もある。

個人的にはこのLAMI BOXを気に入ったので、良い買い物をしたと思う。温度設定も8段階と実用上は十分だし、設定がマトモなら反りも少ない。他のラミネーターを使った事がないという事もあるが、欠点らしい欠点は見付からない。ちょっとしたラミネーターが必要であれば、充分選択肢に入るだろう。

万双 コードバン 馬蹄型小銭入れ

以前紹介したHAMANOのロングウォレットをずっと使っているけれど、小銭入れが使い難い……取り出し難い上にファスナーを閉め難い。そんなわけで、これは札入れ専用にして小銭入れの部分は単なるお釣り入れとした。そうすると必然的に小銭入れを別途用意しなくてはならなくなり……なんてこと言って、実は以前から馬蹄型の小銭入れが欲しかったので丁度良かったのだ。

候補にしたのは万双のコードバン馬蹄型小銭入れ土屋鞄製造所のコードバン馬蹄型小銭入れ大峽製鞄のコードバン馬蹄型小銭入れガンゾのコードバン馬蹄型小銭入れの4つ……とまあ、何だか口説いけれど素材はコードバンばかり。ブライドルレザーも好きだけれど財布はコードバンが良い。因みに欲しい色は茶色(ボルドー、ダークブラウン、チョコ)。

この中ではデザインは大峽製鞄の物が一番良いと思い決めかけたけれど、冷静に考えて通販するのに詳しい写真を観られないのは怖いのでパス。次に、この中では一番質が良い(らしい)ガンゾの物は、糸の色が赤く好みに合わずにパス。残った万双と土屋鞄製造所の物を比べると、パッと見はあまり変わらないように見える。で、評判を調べると質はさほど変わらないらしい。なら値段を見て決めようとなり、最終的には万双の物を購入する事にした。最も、この二つなら屋号の響きで万双かな、なんて。

そんなこんなで注文し、届いたのが先月の18日か19日くらい。レビューの写真は今月8日に撮った物なので少し傷が入っていたり硬貨で黒ずんでいたりするけれど、届いた時は当然ピカピカツヤツヤでした。

  • (参照:外観の写真その1)
  • (参照:外観の写真その2)

形は奇をてらわず、オーソドックスな馬蹄型。中々美しい。

  • (参照:開いたところの写真)
  • (参照:コバの写真)
  • (参照:縫い目の写真その1)
  • (参照:縫い目の写真その2)

他の製品のページに万双の最大の特徴である職人によって丁寧に仕上げられたコバという文句があるようにコバの仕上げには自信があるらしく、言うだけあって綺麗だと思う。

ただし縫い目の方は、万双ならではの精巧で美しいステッチは職人が丁寧に仕上げた証ですという文句とは裏腹に、多少のほつれや乱れがあるので残念、これは誇大広告だと思った。最も、表現が行き過ぎなだけで悪いと言っているわけではなく、丁寧な仕上げだとは思う。

糸の色はもう少し目立たない方が良かったな。

  • (参照:10円玉により内側の高さを測っている写真)
  • (参照:10円玉を5枚使ってトレイの広さを測っている写真)
  • (参照:トレイに小銭を出したところの写真)
  • (参照:トレイの仕上げを写した写真)

収納部は10円玉を4枚積み重ねて少し隙間が出来る程の高さで、トレイの広さは写真の通り。ポケットに入れて丁度良い大きさだと思う。

さて、この辺りでそろそろ纏めてみよう。総じて、値段の割に出来が良いという評判がそのほとんどを表している。勿論悪い所もあって、糸の切れ端が結構目に付いたり、糸そのものがほつれていたりと細かい所がやや荒い。縫製が苦手なのだろうかと思う。

それでも「お買い得」だとは思うので、馬蹄型小銭入れが欲しい人は、選択肢の一つとして頭の片隅にでも記憶しておくと良いだろう。比較的安いので多少ラフに扱っても気になり難いところは長所になるかも知れない。

濱野皮革工藝 コードバン ロングウォレット

7月31日に注文した、濱野皮革工藝「コードバン ロングウォレット」がようやく届きました。

私が今迄使っていた財布は12年程前に高校の入学祝に母からプレゼントされた二つ折りの物なのですが、流石にくたびれてきたので予てより興味のあった革製のウォレットに手を出す事にし、幾つか選んだ中からブライドルレザーかコードバンが素材の物に絞り、最終的に濱野皮革工藝の物を選択しました。

  • 濱野皮革工藝「コードバン ロングウォレット」の箱。

購入の際はエルトゥーク(楽天市場)の通販を利用。届いた箱を開けると、Hamano Private Bespoke というロゴが入っている化粧箱が出てきます。丁寧にラッピングされた箱は上品な印象を与えてくれます。

  • 濱野皮革工藝「コードバン ロングウォレット」が届いた時の箱の中。
  • 濱野皮革工藝「コードバン ロングウォレット」の外側。

化粧箱を開けると、中身は白い袋に包まれていました。そしていよいよ御対面です。ダークブラウンに染まったコードバンは美しく、適度な艶で落ち着いた上品な雰囲気を感じさせます。

  • 濱野皮革工藝「コードバン ロングウォレット」の内側。
  • 濱野皮革工藝「コードバン ロングウォレット」の札入れの部分。

内側はヌメ革です。写真のようにカードポケットは13箇所、小銭入れも付いています。他に長いポケットが3箇所、ここには領収証等を入れるのに丁度良いようです。私は長いポケットの内一つにサイズの大きい診察券を入れるようにしました。

ところで、このカードポケットの内、札入れの反対側に付いている7箇所はギリギリのサイズです。使っている内に革が伸びてくるかも知れませんが、少なくとも買ったばかりの頃はこの7箇所からスマートにカードを取り出す事が難しいように思えます。使う頻度の低いカードを、奥まで届かないよう軽めに挿しこんでおくといった使い方をすると良さそうです。

また、外側にも一つ長いポケットがあります。

  • 濱野皮革工藝「コードバン ロングウォレット」の外観。

順番が後になりましたが、外観はこのようになります。厚いのでポケットに入れるよりはバッグに入れて持ち歩いた方が良いでしょう。若しくは、これ一つだけ手に持って歩けば、まさにウォレットという使い方になります。最も、手の汗が多い人は困りますけれど。

セカンドバッグ等を使う場合はやや大きめの物を用意しないと、ウォレットだけしか入らないかもしれません。

  • 濱野皮革工藝「コードバン ロングウォレット」 ブランドロゴ。

ロゴマークは内側に付いています。このさりげなさも、私がこれを選んだ理由の一つです。

さて、まとめますと、機能面を見れば単なる財布として使うにはやや大きいです。手持ちの中の一番小さいバッグ、という気持ちで使うべきです。とは言えウォレットと名が付いてあるのですから、それは当然だと言えます。ただ、前述した7つのカードポケットは評価低めです。クレジットカードやキャッシュカードは厚くて入りづらく、ポイントカードのような物は薄くて曲がるので挿し込み難いです。カードを入れっぱなしにして緩くするしかありません。又は、浅めに挿しておけば慣れで何とでもなるのかも知れません。

外観や質感は良いと思いますが、私のように20代後半といった程度の年齢ではミスマッチかも知れません。最も、丁寧に使っていれば革が馴染んだ頃に丁度良い年齢になりそうだと思います。

やや不便な所があり、価格帯を考えれば使い易い物なら他にもありそうなので強くお奨め出来るわけではありませんが、持っていて心地の良い一品であると私は思います。

ブラウン 電動歯ブラシ

少し前に、ブラウンのオーラルB 電動歯ブラシ プロフェッショナルケア 3モードタイプを買って使っているが、これは良い投資だと思う。健康へのという意味でもそうだが、虫歯のリスクを減らせるので金銭的にも良い。歯医者へは定期的なメンテナンスだけで済むのだから。

余程健康な人は良いが、普通の人は健康器具にある程度の投資をするべき。医療にかかるお金は結構バカにならないし、費やす時間も同様。