感情論

  • 2010年8月11日 21:22
  • 雑談

議論を行う時に感情論となってはならない事は、原則として納得出来るものだと思う。感情論と言うのは、自らの感情を根拠にして論じる事――解り易く言えば好き嫌いの話であるからだ。議論とは、なるべく正しい結論を出す事が目的である。自らの感情を根拠にするという事は、自らを押し付ける事が目的になってしまい、物事の正しさ、或いは「より良くしよう」という方向へは行き難い。そして、感情論というものはそれを行う方にとっても危険である。何故なら、その場に於いて自らの論じた事柄が否定された場合、本人の否定へと繋がってしまうからである。自ら感情論を投げかければ自滅への道を開きかねない。

ところで、実際の議論を眺めていると、実は感情論というものを良く解っていないのではないかと思わされる事がある。どういう事かというと、間違った感情論批判の事である。上手い例えが見付からないので数学へ逃げるが、「1+1は2だ馬鹿野郎」と机を叩きながら怒り狂っていても、それの正しさは揺るがない。反対に、とても冷静な物腰であっても「1+1は3だ」と言われたら、その人が会計士でない限りそれは間違いだと反論出来る。

また、冒頭で好き嫌いで物を言ってはならないと述べたが、好き嫌いがきっかけになった議論はそれ自体問題がない。また、好き嫌いについて述べている事も、内容が論理的であれば問題はない。「好き嫌い述べる」事と、「好き嫌い述べる」事は大いに違うのである。具体的には、「私はこれが嫌いなので止めて下さい。なぜ止めなくてはならないのかと言えば、このような理由があるからです。その理由の正当性を示す根拠はこれです」と述べる事は良いという事だ。「嫌いです」だけなら単に好き嫌いについて告白しただけであり、「止めて下さい」だけなら単なる要望である。

※ここで言っているのは議論における感情論についてであって、日常生活における「人の嫌がる事をしてはいけない」という話とは別のものである。念の為。

要は感情的であっても内容が理性的であれば議論としては原則として問題ないのだ。勿論、お互いに怒りながら議論をしてもスムーズに進みはしないだろうが、原則としてはその筈だ。マナーを論じるのは原則を守った後で良い。

間違った事を言ったり、この間言った事を気分だけでひっくり返したりし、それについて相手が口調を荒げて怒ったら内容も聞かずに(或いは意図的に聞かぬ振りをして)感情論だと決め付け、述べられた内容自体を含めて否定する。今日この様な記事を書いたのは、最近この様な「技術」を使う人に出会ったからだ。怒った方が直ぐ冷静になったので……というか、何れにせよ立場上強い事は言えないので私は何も言わなかったのだが、あまり良い議論にはならなかった。後日、そんな気分屋さんに「先日の会議は駄目だったね」なんて言われ眩暈を起こしたのは辛い思い出である。

  • にほんブログ村 写真ブログへ
  • ブログ王ランキングに参加中!

関連エントリー

Trackbacks: 0

TrackBack URL for this entry
http://magicalclock.jp/mt/mt-tb.cgi/101
Listed below are links to weblogs that reference
感情論 from Note