万双 コードバン 馬蹄型小銭入れ

以前紹介したHAMANOのロングウォレットをずっと使っているけれど、小銭入れが使い難い……取り出し難い上にファスナーを閉め難い。そんなわけで、これは札入れ専用にして小銭入れの部分は単なるお釣り入れとした。そうすると必然的に小銭入れを別途用意しなくてはならなくなり……なんてこと言って、実は以前から馬蹄型の小銭入れが欲しかったので丁度良かったのだ。

候補にしたのは万双のコードバン馬蹄型小銭入れ土屋鞄製造所のコードバン馬蹄型小銭入れ大峽製鞄のコードバン馬蹄型小銭入れガンゾのコードバン馬蹄型小銭入れの4つ……とまあ、何だか口説いけれど素材はコードバンばかり。ブライドルレザーも好きだけれど財布はコードバンが良い。因みに欲しい色は茶色(ボルドー、ダークブラウン、チョコ)。

この中ではデザインは大峽製鞄の物が一番良いと思い決めかけたけれど、冷静に考えて通販するのに詳しい写真を観られないのは怖いのでパス。次に、この中では一番質が良い(らしい)ガンゾの物は、糸の色が赤く好みに合わずにパス。残った万双と土屋鞄製造所の物を比べると、パッと見はあまり変わらないように見える。で、評判を調べると質はさほど変わらないらしい。なら値段を見て決めようとなり、最終的には万双の物を購入する事にした。最も、この二つなら屋号の響きで万双かな、なんて。

そんなこんなで注文し、届いたのが先月の18日か19日くらい。レビューの写真は今月8日に撮った物なので少し傷が入っていたり硬貨で黒ずんでいたりするけれど、届いた時は当然ピカピカツヤツヤでした。

  • (参照:外観の写真その1)
  • (参照:外観の写真その2)

形は奇をてらわず、オーソドックスな馬蹄型。中々美しい。

  • (参照:開いたところの写真)
  • (参照:コバの写真)
  • (参照:縫い目の写真その1)
  • (参照:縫い目の写真その2)

他の製品のページに万双の最大の特徴である職人によって丁寧に仕上げられたコバという文句があるようにコバの仕上げには自信があるらしく、言うだけあって綺麗だと思う。

ただし縫い目の方は、万双ならではの精巧で美しいステッチは職人が丁寧に仕上げた証ですという文句とは裏腹に、多少のほつれや乱れがあるので残念、これは誇大広告だと思った。最も、表現が行き過ぎなだけで悪いと言っているわけではなく、丁寧な仕上げだとは思う。

糸の色はもう少し目立たない方が良かったな。

  • (参照:10円玉により内側の高さを測っている写真)
  • (参照:10円玉を5枚使ってトレイの広さを測っている写真)
  • (参照:トレイに小銭を出したところの写真)
  • (参照:トレイの仕上げを写した写真)

収納部は10円玉を4枚積み重ねて少し隙間が出来る程の高さで、トレイの広さは写真の通り。ポケットに入れて丁度良い大きさだと思う。

さて、この辺りでそろそろ纏めてみよう。総じて、値段の割に出来が良いという評判がそのほとんどを表している。勿論悪い所もあって、糸の切れ端が結構目に付いたり、糸そのものがほつれていたりと細かい所がやや荒い。縫製が苦手なのだろうかと思う。

それでも「お買い得」だとは思うので、馬蹄型小銭入れが欲しい人は、選択肢の一つとして頭の片隅にでも記憶しておくと良いだろう。比較的安いので多少ラフに扱っても気になり難いところは長所になるかも知れない。

  • にほんブログ村 写真ブログへ
  • ブログ王ランキングに参加中!

Trackbacks: 0

TrackBack URL for this entry
http://magicalclock.jp/mt/mt-tb.cgi/76
Listed below are links to weblogs that reference
万双 コードバン 馬蹄型小銭入れ from Note