GLENROYAL Pencil Case 03-4280

私の持っていたペンケースがもう15年程経ち、もう大分くたびれてきている。萬年筆やボールペンに拘っている癖に入れ物に気を使わないのも悪いかなあ、なんて考え、先日、GLENROYALのペンケース(ダークブラウン)を楽天市場で購入した。まあ、実際のところは前述した理由よりも、少し前に革の財布を買った辺りから革製品にハマってしまい、革のペンケースが欲しくなっていたという方が大きい。

  • ペンケース外観について。

形はシンプル。奇をてらわず、オーソドックスな形。落ち着いた物が好きなので、これはツボに入る。

実は、選ぶ時にペンを挿すタイプか入れるタイプかで悩んだ。結局、入れるタイプの方を選択したけれど、萬年筆やボールペン、シャープペンシルが一緒に入っていて、ちょっと窮屈だ。後々、挿すタイプも買おう。

素材の方は、最初からブライドルレザーを選ぶと決めていた。ロウが浮き出るというのに興味があったし、他の牛革と比べてカチッとしてそうなのも好みに合っている。実際、このペンケースは硬く仕上がっていて、ペンを入れても倒れない。ついでに軽い。

  • GLENROYALのロゴについて。

側面にはGLENROYALのロゴと、HAND MAID IN SCOTLAND という文字が入っている。スコットランドという国には良いイメージを持っているけれど、実際のところは良く知らない。何のイメージなのだろうと自分でも不思議に思う。

  • 角の写真。
  • 下から撮った角の写真。
  • ボトムは内側に向かって山形。

細かいところの仕上げは、悪くはないが良くはないと感じた。縫い目に間隔が少し不揃いな箇所があったり、コバにちょっとだけささくれがあったりする。糸が飛び出ているのも、目立たないようにして欲しかったなあ。

  • ジッパーを開けたところの写真。
  • ジッパーを開けたところを拡大して撮影。
  • ペンを入れたところ。

内側は白に近いクリーム色……と言うか、上手い例を思い付かなかったけれど、ナチュラルウッドを柔らかく固めたような感じと言って解るだろうか。ダークブラウンの外側と綺麗なツートンを演じている。それに中に入れたペンが映えて見えるのも良い。

総じて、この値段ならあと少しだけ丁寧に仕上げて欲しいと思う箇所がある。けれど、見た目は良いし革の質感も良いので、決して悪い品物ではない。長い付き合いになりそうだ。

余談。もし、もっと高級感を求めるなら、万双のブライドル ペンケースを選ぶのも良いと思う。

  • にほんブログ村 写真ブログへ
  • ブログ王ランキングに参加中!

Trackbacks: 0

TrackBack URL for this entry
http://magicalclock.jp/mt/mt-tb.cgi/65
Listed below are links to weblogs that reference
GLENROYAL Pencil Case 03-4280 from Note