両面印刷の勧め

  • 2009年10月 2日 11:26
  • 雑談

幾ら今時~なんて言っても、やっぱり片面印刷専用のコピー機しか持ってないオフィスは多いはず。でも、WordやPDFのドキュメントは奇数/偶数印刷が出来るので、面倒だけど紙を入れ直せば両面印刷は可能。

ウチの職場は介護保険事業所と言う事もあり、利益に対して書類が多い。書類への記入や整理に人件費を割くと、あっさり赤字になってしまうくらいの比率だったりする。赤字までいかなくとも、十数時間を割り当てるだけで原価率がドンとUPする。これはやばい。まあそれは事務力UPや、後はまあ固定給の人が頑張る事によって何とかなるので(労基違反とか言ってたら介護保険関係の法律に違反してしまうアンビバレンツ。例えばウチのケアマネがいうには、書類整理の時間の方が訪問や外出の時間より多いとかふざけてる、時間をかけてちゃんと利用者や利用者家族と話し合いさせてくれと憤慨中)ここでは一まず置いておこう。閑話休題。

んで書類が多くなるとどうなるか、当たり前だけどファイルホルダーの数が増える。MOTTAINAI。積極的に両面印刷をすれば紙資源の節約にもなるしファイルホルダーの購入経費も削減出来るのに……。

因みに、リース契約の場合、用紙代がリース料や1枚幾らの印刷代で補われていて無料になっていたりすると、特に節約にはならないけれど……ただ、紙資源の節約には変わりない。

で、FAXでまとめて送信するような書類は片面の方が良いけれど、研修資料やモニタリングシート、内部会議資料とかは紙の裏表を使った方が良いと思う。なので、片面印刷しか出来ないコピー機を置いてあるところも、面倒臭がらずに紙を入れ替えて上手に両面印刷を行うようにするべき。

ただし、機械に弱い人やPCのソフトウェアに弱い人は逆に印刷の失敗で紙の量も印刷量も事務の時間も増えるので、そういう人には、流石にお勧め出来ない……。

  • にほんブログ村 写真ブログへ
  • ブログ王ランキングに参加中!

Trackbacks: 0

TrackBack URL for this entry
http://magicalclock.jp/mt/mt-tb.cgi/36
Listed below are links to weblogs that reference
両面印刷の勧め from Note