虫歯になった親知らずの抜歯

  • 2009年9月17日 18:47
  • 雑談

今日、虫歯になってしまった下の左親知らずを抜いてきました。私の親知らずは両方とも水平埋伏智歯と呼ばれる型で、水平という通り歯が横向きに萌えているのです。

この萌え方をしている親知らずの手術は歯科医にとっても基本的に嫌なものなのだそうで……。抜きづらいのもあるけれど、顎周辺の感覚神経に影響が出るケースがそこそこ多いのだとか。

私の場合は、「感覚麻痺」と「痛みや虫歯による色んな弊害」という事を考えると後者の方が嫌だったので、多少悩みつつも抜歯に踏み切りました。幸い、麻酔が抜けた今触ってみると何事もないようで、良好。とはいえ、抜いた次の日辺りで一番腫れてしまうらしく、今ちょっとずつ腫れて来ていますが……痛み止めと抗生物質をきちんと飲めば余程の事がない限り悪くはならないような雰囲気です。

手術時間は1時間でした。顎を開けっ放しでつらかった……。手術中、痛みの方は麻酔が効いていたので大丈夫。親知らずの近くを切って骨を削るんですが、特に何ともありませんでした。(因みに、腫れるのは骨を削った副作用)

ところで、親知らずに限らず抜歯の後はうがいをしないで欲しいと言われますが、これは抜いた場所に溜まる血が流れてしまうからという事らしいですね。つまりは簡単な事で、カサブタ(のような物)が剥がれないようにという事。これを考えると抜いた日の食事はやっぱり柔らかい物の方が良いですね。特に親知らずは奥という事もあり、口を動かすと一緒に動いてしまう場所なので。

まあ、抜いた跡に血が溜まってても流さないように、逆に流れないように注意する事が大切のようです。後は、血行を良くしてしまわない事。お風呂に浸かったりお酒を飲んだりすると血が止まらなくなります。かといって、冷やしても傷の治りが悪くなるらしいです。要は、出来る限り放置しておく事が、治りを良くする秘訣のようです。

  • にほんブログ村 写真ブログへ
  • ブログ王ランキングに参加中!

Trackbacks: 0

TrackBack URL for this entry
http://magicalclock.jp/mt/mt-tb.cgi/28
Listed below are links to weblogs that reference
虫歯になった親知らずの抜歯 from Note