2009年 の記事一覧

GLENROYAL Pencil Case 03-4280

私の持っていたペンケースがもう15年程経ち、もう大分くたびれてきている。萬年筆やボールペンに拘っている癖に入れ物に気を使わないのも悪いかなあ、なんて考え、先日、GLENROYALのペンケース(ダークブラウン)を楽天市場で購入した。まあ、実際のところは前述した理由よりも、少し前に革の財布を買った辺りから革製品にハマってしまい、革のペンケースが欲しくなっていたという方が大きい。

  • ペンケース外観について。

形はシンプル。奇をてらわず、オーソドックスな形。落ち着いた物が好きなので、これはツボに入る。

実は、選ぶ時にペンを挿すタイプか入れるタイプかで悩んだ。結局、入れるタイプの方を選択したけれど、萬年筆やボールペン、シャープペンシルが一緒に入っていて、ちょっと窮屈だ。後々、挿すタイプも買おう。

素材の方は、最初からブライドルレザーを選ぶと決めていた。ロウが浮き出るというのに興味があったし、他の牛革と比べてカチッとしてそうなのも好みに合っている。実際、このペンケースは硬く仕上がっていて、ペンを入れても倒れない。ついでに軽い。

  • GLENROYALのロゴについて。

側面にはGLENROYALのロゴと、HAND MAID IN SCOTLAND という文字が入っている。スコットランドという国には良いイメージを持っているけれど、実際のところは良く知らない。何のイメージなのだろうと自分でも不思議に思う。

  • 角の写真。
  • 下から撮った角の写真。
  • ボトムは内側に向かって山形。

細かいところの仕上げは、悪くはないが良くはないと感じた。縫い目に間隔が少し不揃いな箇所があったり、コバにちょっとだけささくれがあったりする。糸が飛び出ているのも、目立たないようにして欲しかったなあ。

  • ジッパーを開けたところの写真。
  • ジッパーを開けたところを拡大して撮影。
  • ペンを入れたところ。

内側は白に近いクリーム色……と言うか、上手い例を思い付かなかったけれど、ナチュラルウッドを柔らかく固めたような感じと言って解るだろうか。ダークブラウンの外側と綺麗なツートンを演じている。それに中に入れたペンが映えて見えるのも良い。

総じて、この値段ならあと少しだけ丁寧に仕上げて欲しいと思う箇所がある。けれど、見た目は良いし革の質感も良いので、決して悪い品物ではない。長い付き合いになりそうだ。

余談。もし、もっと高級感を求めるなら、万双のブライドル ペンケースを選ぶのも良いと思う。

また欲しい物が増えた、セレニテ

最近物凄く気になるのがウォーターマン・セレニテ。物自体は以前から知っていて、あまり気に留めていなかったのだけれど……。先日ボールペンを無くした後、新しく購入する為のボールペンを探している時にアレコレ観ていたら、突然惚れてしまいました。

兎に角、造形の美しさが素晴らしい。よくこのようなフォルムを生み出したものだと感心する事然りですよ。グリップの先にある飾りも優雅。ボールペンを探していて再度見付けた物ですが、私としては萬年筆が欲しい。色はブルー。こんなのが手元にあったらウットリしてご飯も忘れてしまいそう。

これはもうタマラナイので、近い内……1年以内には手元にあるという事を目指そう。

ところで、ボールペンの方は結局パーカー・ソネットを再び購入する事にしました。最後までウォーターマン・エキスパートと迷いに迷いましたが、やっぱりソネットの方が好きなのです。

愛用ボールペン紛失

毎日愛用して、先日もリフィルを換え益々手に馴染んできたソネットが、とても手の入らない隙間にスポッと落ちました。

泣きそう。

保険選び

  • 2009年10月 8日 20:52
  • 投資

最近、保険を見直そうと画策中。何だか、40歳くらいまでは終身医療保険と葬儀代が出る程度の安い生命保険だけで良いんじゃないかって思う。大体、年収が100万ちょいのワーキングプアには500万以上の生命保険なんてかける余裕ないよ!! というか、その程度の稼ぎという事は逆に、死んでも大して困らない。いろいろ複雑で悩ましいけど。

それでも60歳満了だと、安くしても掛け金が月に1万前後にはなるみたい。あまりに安いと不安だし。でも、将来に対しての保険って、将来それなりの生活送っている人が掛けるものじゃないだろうかって思うと、そもそも自分に保険は必要なのか……。これは流石にネガティブ過ぎるか。

それなり以上の生活を送れるように頑張って、ちゃんとお金を増やしさえすれば、保険なんか気にしなくても良いんだけど。

悩ましい。

ボールペン(ソネット)のリフィルを交換

私の愛用のボールペンはパーカー・ソネットなのですがー、ペン自体は気に入っているものの、リフィルはイマイチだと常々感じていたわけです。

そこで目を付けたのがカランダッシュ・ゴリアト。高級ボールペン用ではNo.1の書き味と定評のあるリフィルです。これはちょっと買うしかない! と思い立ち、早速注文、そして到着。ワクワクしながらソネットへ挿入。

Before
先ずはパーカー純正リフィルを装着している状態の写真
After
そして、カランダッシュ・ゴリアトを挿入した写真
リフィル
リフィルの比較写真

み、短い……しかも、ちょこんと先っぽを出している姿が何処となく卑猥。これは駄目だ……。そういう訳で、ホームセンターで木を買ってきて簡単なスペーサーを作ってみました。厚さは2mm。

  • これがそのスペーサー
  • ソネットにスペーサーを入れて、ゴリアトを挿入

成功だわー。スペーサーなしでゴリアトを挿入した時に比べて一皮剥けた感がありあり。これでマトモに書けるようになりました。

今回作ったスペーサーの材料は径が6mmの丸い棒。仕上げに紙やすりをかけるのを忘れないように。もし自分でやるのが面倒なら、ホームセンターで相談して切ってもらうと良いです。

その内、アクリルと薄いステンレス板を使って、リフィルにはめ込む事が出来るスペーサーを作りたいなー。

最近の日曜日

  • 2009年10月 4日 23:46
  • 雑談

ここ半年ほど、日曜日の朝が来ると「明日は月曜日かぁ」と思うようになってしまった。

連休が待ち遠しい、そんな生活。

萬年筆(カレン)のインク漏れ

以前よりインク漏れをしていた愛用の萬年筆、ウォーターマン・カレン。何故かと思って色々と調べた結果、コンバータを洗った時に入ったと思われる水が原因なのではないかと思いつく。

ただ、確かに水は入っているのだけれど、コンバータの上側(インクを溜める方の反対にあるスペース)に少々あるだけ。蒸発せずに残っているんだなあ……とは思うけれど、これが何か悪戯をしているとは思えない。インクに混じった形跡もないし……。

そこでまた悩んだ結果、いつもキャップを外した時に漏れている事に思い当たり、もしかしたらキャップを引き抜く瞬間の気圧差で漏れてるかもしれないと考えたのだけれど、どうだろう。

カレン愛用者で同じような事が起きている人は居ないのかな。

両面印刷の勧め

  • 2009年10月 2日 11:26
  • 雑談

幾ら今時~なんて言っても、やっぱり片面印刷専用のコピー機しか持ってないオフィスは多いはず。でも、WordやPDFのドキュメントは奇数/偶数印刷が出来るので、面倒だけど紙を入れ直せば両面印刷は可能。

ウチの職場は介護保険事業所と言う事もあり、利益に対して書類が多い。書類への記入や整理に人件費を割くと、あっさり赤字になってしまうくらいの比率だったりする。赤字までいかなくとも、十数時間を割り当てるだけで原価率がドンとUPする。これはやばい。まあそれは事務力UPや、後はまあ固定給の人が頑張る事によって何とかなるので(労基違反とか言ってたら介護保険関係の法律に違反してしまうアンビバレンツ。例えばウチのケアマネがいうには、書類整理の時間の方が訪問や外出の時間より多いとかふざけてる、時間をかけてちゃんと利用者や利用者家族と話し合いさせてくれと憤慨中)ここでは一まず置いておこう。閑話休題。

んで書類が多くなるとどうなるか、当たり前だけどファイルホルダーの数が増える。MOTTAINAI。積極的に両面印刷をすれば紙資源の節約にもなるしファイルホルダーの購入経費も削減出来るのに……。

因みに、リース契約の場合、用紙代がリース料や1枚幾らの印刷代で補われていて無料になっていたりすると、特に節約にはならないけれど……ただ、紙資源の節約には変わりない。

で、FAXでまとめて送信するような書類は片面の方が良いけれど、研修資料やモニタリングシート、内部会議資料とかは紙の裏表を使った方が良いと思う。なので、片面印刷しか出来ないコピー機を置いてあるところも、面倒臭がらずに紙を入れ替えて上手に両面印刷を行うようにするべき。

ただし、機械に弱い人やPCのソフトウェアに弱い人は逆に印刷の失敗で紙の量も印刷量も事務の時間も増えるので、そういう人には、流石にお勧め出来ない……。

そうだ税金について学習しよう

以前から、税金についてちゃんと学ぼうと思いつつ、何だかんだ言って後延ばしになってしまってたのだけれど。我が家のP/L作ってみたら税金で月7万以上は飛んでるって言うのを見て……それが後押しとなって、図解 わかる税金―収入にかかる税金・財産にかかる税金・生活にかかる税金〈2009‐2010年版〉っていう本を購入しました。まあ、読むのはこれからなのだけれど。

自分や自分の家族、家庭が出してるお金の事を対して知らないっていうのは何だか変な話で……勿論、普通は知らなくても大抵の場合は何事もなく過ごせる。ただ、税金について無知であるのは、つまるところ知らない内にお金を取られているのを放置しているという事であって、私を含めお金の事について多少なりとも関心のある人が、最も身近な支出であるこれへの知識が薄いまたは人並みであるというのは異常な事なのではないのだろうか。

運転中に携帯電話を使用するのはやめよう?

  • 2009年9月26日 20:38
  • 雑談

運転中の携帯ダメよ! みたいなステッカーをフロントに貼った大型トラック。すれ違う時に運転席を見ると、おっちゃんが必死に携帯電話を見てた、ありゃメールだな。

下手すりゃ死んじゃってたかも、すれ違った私が。

キャッシュフローゲーム

  • 2009年9月25日 22:00
  • 投資

ここ数日、携帯版 金持ち父さんのキャッシュフローゲーム(月額315円)にハマってます。

このゲームの目的は、投資の基本中の基本を学ぶ……といっても、投資方法ではなく、投資に向いた考え方を身に付ける事。ルールは単純で、不労所得が支出を超えれば第2ステージへ、そしてそこでゲームを始まる前に決めた夢を叶えるか、新たに50,000ドルのキャッシュフローを得られたらクリアとなっています。

人生ゲームに似ていて、暇潰しにもなるので悪くないゲームだと思いますよ。

JCBドライバーズプラスゴールド インビテーション

JCBから封書が届いていたので見てみると、ランクアップのご案内という文字が。

うわー、苦節1年8ヵ月、使い続けてやっと来たよ……何となく嬉しい。ちょっとニヤっとしてしまった。このカード、ノーマルの券面がイマイチという理由だけでも乗り換える価値はあるかも。

でも今回はパス。

このカードは家計支払い用、趣味は三井住友VISA YGと決めているので、特にJCBドライバーズプラスをランクアップする理由がなかったり。後者のゴールドなら趣味の一環としてランクアップするのだけれど……。ちょっと惜しいなあ。

虫歯になった親知らずの抜歯 (2)

  • 2009年9月18日 13:53
  • 雑談

腫れも酷くなく、痛みの方も触らなければ大丈夫で、後は走ったり階段を降りたりすると多少響く程度。

ところで、担当してくれた女医さんがとんでもなく美人だったのでまた抜きに行きたい。

虫歯になった親知らずの抜歯

  • 2009年9月17日 18:47
  • 雑談

今日、虫歯になってしまった下の左親知らずを抜いてきました。私の親知らずは両方とも水平埋伏智歯と呼ばれる型で、水平という通り歯が横向きに萌えているのです。

この萌え方をしている親知らずの手術は歯科医にとっても基本的に嫌なものなのだそうで……。抜きづらいのもあるけれど、顎周辺の感覚神経に影響が出るケースがそこそこ多いのだとか。

私の場合は、「感覚麻痺」と「痛みや虫歯による色んな弊害」という事を考えると後者の方が嫌だったので、多少悩みつつも抜歯に踏み切りました。幸い、麻酔が抜けた今触ってみると何事もないようで、良好。とはいえ、抜いた次の日辺りで一番腫れてしまうらしく、今ちょっとずつ腫れて来ていますが……痛み止めと抗生物質をきちんと飲めば余程の事がない限り悪くはならないような雰囲気です。

手術時間は1時間でした。顎を開けっ放しでつらかった……。手術中、痛みの方は麻酔が効いていたので大丈夫。親知らずの近くを切って骨を削るんですが、特に何ともありませんでした。(因みに、腫れるのは骨を削った副作用)

ところで、親知らずに限らず抜歯の後はうがいをしないで欲しいと言われますが、これは抜いた場所に溜まる血が流れてしまうからという事らしいですね。つまりは簡単な事で、カサブタ(のような物)が剥がれないようにという事。これを考えると抜いた日の食事はやっぱり柔らかい物の方が良いですね。特に親知らずは奥という事もあり、口を動かすと一緒に動いてしまう場所なので。

まあ、抜いた跡に血が溜まってても流さないように、逆に流れないように注意する事が大切のようです。後は、血行を良くしてしまわない事。お風呂に浸かったりお酒を飲んだりすると血が止まらなくなります。かといって、冷やしても傷の治りが悪くなるらしいです。要は、出来る限り放置しておく事が、治りを良くする秘訣のようです。

お手軽エコドライブ

  • 2009年9月 9日 20:05

最近流行りのエコドライブっていう言葉。でも難しそうというよりは面倒臭そうという理由で実際にやっている人は多くなさそう。「時速20Kmを出すまでに5秒かける気持ちでスロースタートしよう」なんて私みたいにちょっとマニアックな人じゃないと中々やってられない。でも普通の人にも結構簡単に出来るエコドライブがあったりする。それがエアコンである。普段から夏でも冬でもエアコンなんて使わないぜ!! って人は良いけれど(っていうか凄いかも)、大抵の人は点けていると思う。

エアコンの仕組みは省くけど、これはエンジンのパワーを少し借りて動いている。つまり、エアコンを点けるとその分エンジンは沢山働かないとならない。人間が重りを背負って走るようなもの。

だから、あまりエンジンを働かせ過ぎないように、発進時と加速時はエアコンを切り、スピードが一定になったら点ける、これだけでそこそこエコになる。多少は面倒かも知れないけれど、シフトレバーのチェンジとさほど変わらない労力だと思うので、是非癖をつけてみる事をお薦めする。

余談だけど高速などで車を追い越す時にエアコンを切るのは割と知られた事だと思う。余計なパワーを使わないので加速力が少し上がる(というか元に戻る)のだ。

投票において否定的意見を認めてはどうか

  • 2009年9月 6日 11:17
  • 雑談

選挙を見ていつも思う事があります。不信任の表明(不信任票)が認められていない事です。

つまり、現在、任せられる政党(政治家)が居ないと思っている人は、白紙や棄権等で意思を表明していると思いますが、これを、例えば「投票先なし」のような形で選挙の有効票と認めてはどうだろうかというものです。有効票となるにはどこかを選択しなければならないという選挙の方式は、銃で死ぬのが良いのか首吊りで死ぬのが良いのかを選択するという事とそんなに変わらないのではないかと考えるわけです。

それが選挙において何らかの意味を持つかどうかは微妙なところですが……仮に認められても、得票率の多いところが当選する事に変わりはないでしょう(例えば、100票の内50票が不信任票だとしても30票が獲得できれば当選する)。そうでなければ、政治が混乱してしまう。

ただ、せめて不信任を表明する機会はあるべき。現在は積極的な否定を表明する機会が足りないような気がしているのです。

クレジットカードのポイント使用

SMBCカードのポイントが1,000になったので、5,000円のVISAギフトカードを選びました。クレカのポイントで何か貰うって言うのは初めてなのでちょっと嬉しい。特に現金特化の店は利用しないという事もあり、それなりに恩恵はあるみたい。

最も、家族へのプレゼントの為に交換したので自分では使えないけれど。普段何もやらないから、たまには返さないとね。

レイアウト変更中

CSS書き直し中……昔やってたサイトと同じような感じに戻す予定。それまで色々崩れてるかも。

濱野皮革工藝 コードバン ロングウォレット

7月31日に注文した、濱野皮革工藝「コードバン ロングウォレット」がようやく届きました。

私が今迄使っていた財布は12年程前に高校の入学祝に母からプレゼントされた二つ折りの物なのですが、流石にくたびれてきたので予てより興味のあった革製のウォレットに手を出す事にし、幾つか選んだ中からブライドルレザーかコードバンが素材の物に絞り、最終的に濱野皮革工藝の物を選択しました。

  • 濱野皮革工藝「コードバン ロングウォレット」の箱。

購入の際はエルトゥーク(楽天市場)の通販を利用。届いた箱を開けると、Hamano Private Bespoke というロゴが入っている化粧箱が出てきます。丁寧にラッピングされた箱は上品な印象を与えてくれます。

  • 濱野皮革工藝「コードバン ロングウォレット」が届いた時の箱の中。
  • 濱野皮革工藝「コードバン ロングウォレット」の外側。

化粧箱を開けると、中身は白い袋に包まれていました。そしていよいよ御対面です。ダークブラウンに染まったコードバンは美しく、適度な艶で落ち着いた上品な雰囲気を感じさせます。

  • 濱野皮革工藝「コードバン ロングウォレット」の内側。
  • 濱野皮革工藝「コードバン ロングウォレット」の札入れの部分。

内側はヌメ革です。写真のようにカードポケットは13箇所、小銭入れも付いています。他に長いポケットが3箇所、ここには領収証等を入れるのに丁度良いようです。私は長いポケットの内一つにサイズの大きい診察券を入れるようにしました。

ところで、このカードポケットの内、札入れの反対側に付いている7箇所はギリギリのサイズです。使っている内に革が伸びてくるかも知れませんが、少なくとも買ったばかりの頃はこの7箇所からスマートにカードを取り出す事が難しいように思えます。使う頻度の低いカードを、奥まで届かないよう軽めに挿しこんでおくといった使い方をすると良さそうです。

また、外側にも一つ長いポケットがあります。

  • 濱野皮革工藝「コードバン ロングウォレット」の外観。

順番が後になりましたが、外観はこのようになります。厚いのでポケットに入れるよりはバッグに入れて持ち歩いた方が良いでしょう。若しくは、これ一つだけ手に持って歩けば、まさにウォレットという使い方になります。最も、手の汗が多い人は困りますけれど。

セカンドバッグ等を使う場合はやや大きめの物を用意しないと、ウォレットだけしか入らないかもしれません。

  • 濱野皮革工藝「コードバン ロングウォレット」 ブランドロゴ。

ロゴマークは内側に付いています。このさりげなさも、私がこれを選んだ理由の一つです。

さて、まとめますと、機能面を見れば単なる財布として使うにはやや大きいです。手持ちの中の一番小さいバッグ、という気持ちで使うべきです。とは言えウォレットと名が付いてあるのですから、それは当然だと言えます。ただ、前述した7つのカードポケットは評価低めです。クレジットカードやキャッシュカードは厚くて入りづらく、ポイントカードのような物は薄くて曲がるので挿し込み難いです。カードを入れっぱなしにして緩くするしかありません。又は、浅めに挿しておけば慣れで何とでもなるのかも知れません。

外観や質感は良いと思いますが、私のように20代後半といった程度の年齢ではミスマッチかも知れません。最も、丁寧に使っていれば革が馴染んだ頃に丁度良い年齢になりそうだと思います。

やや不便な所があり、価格帯を考えれば使い易い物なら他にもありそうなので強くお奨め出来るわけではありませんが、持っていて心地の良い一品であると私は思います。

夢と現実

  • 2009年8月25日 18:13
  • 雑談

綺麗になった中学生だった頃の後輩。その娘の家に入ってそれなりに立派な部屋に通され、良い雰囲気になる。彼女だって満更でもなさそうだったので、そのまま流されてしまおうとお互い見つめ合う……。

すると、彼女がハッとして思い出したように「今お父さんが居るよ」なんて残念な事実を言葉にする。勿論がっかりしたが、しかし愚痴を言っても仕方がないので、気持ちを切り替えてお父さんに挨拶をする事にした。

お父さんは一目見て判る程の善い人で、どこの馬の骨とも知らない私を快く迎えてくれた。それだけでもう、結婚しても大丈夫だろうと確信できてしまい、先程流れを断ち切られた事をすっかり忘れて談笑する。

そうしている内に、色んな人が家に集まってくる。なんだ、これならお父さんが居なくても駄目だったじゃないかと思いつつ、来た皆と一緒に居間に置いてあった釣り竿に手を掛け、家のベランダから磯釣りを楽しむ。海の色は綺麗で、ブラックバスがよく釣れる。

……。

そんな夢を見た次の日の夕方、仕事をしながら車を走らせていると、夢で観たような可愛い眼鏡っ娘が歩いているのを見かける。細い路地で車のスピードもゆっくりだったのでしっかりと観る事が出来たのは幸いと言えよう。

スレンダーな身体つき、髪の毛はややショート。色白で図書室にずっと座っていそうながらも健康的な雰囲気を併せ持っており、美しいとも感じられた。

彼女は魅力的な笑顔を作り、中学校指定のセーラー服についてあるお馴染みのリボンを揺らしながら、隣に居る一見冴えない男の子と楽しそうに仲良く歩く……。

事務所へ戻る道、衝動的な悔しさと虚しさに襲われつつ、自動販売機で買った苺味のミルクをストローで独り寂しく吸うのであった。

二者択一

  • 2009年7月19日 11:27
  • 雑談

例えば、結果が全てだと言う。逆に、過程の方が大切だとも言う。でも、どちらか片方だけを選ぶケースなんてそんなに多いものなのだろうか……いや、それは確かに多いかもしれない。なら逆に、どちらも選べるケースはそんなに少ないのだろうか。

良い過程から良い結果を得る事は理想であり、実現不可能な事では決してない。確かに、例えば仕事においてはスケジュールの問題等により兎に角何をやっても良いから結果を出さなくてはならない事もある。けれど、いつでもそうだという訳ではない。少なくとも、二つを満たそうと追い求める事自体は間違っていない。

他の例では、仕事とお金もそうだ。仕事が好きだからお金なんて要らない、仕事は嫌だけどお金は欲しい。こんな、安易に分けなくても良い。少なくとも、両方を満たそうとする事は、間違った理想ではない。ハードルが高いのは確かだけれど。

言いたいのは個々の例がどうという訳ではなく(前述したのはあくまで一例だ)、何かの選択肢が現れた時、「その選択肢の先にあるものがどれも重要であるならば」、簡単に、或は安易に、どちらかを選ばなくてはならない、どちらかしか選べないと諦めてはならないということだ。昔の人は二兎を追う者は一兎をも得ずと言ったらしい。しかし、もし二兎を手に入れたいと少しでも思ってしまったのならば、先ずは二兎を得る事から考えるべきである。

Folding@Home

Folding@Homeというのは、解り易く言えばインターネットを通じて沢山のPCを動かす事でガンなどの研究をしようと言うプロジェクトです。もう少し言えばタンパク質の構造を解析し、それをガンやその他の様々な病気を治療するのに役立てようと言うものです。

私は2年くらい前に数ヵ月参加した事がありますが、CPUが常時100%稼働してしまうので途中で断念。優先度は最低なので他のアプリケーションを邪魔する事はありませんが、CPU温度の問題で……常にフルパワーと言う事は発熱もそれなりになるわけで。CPU利用率をコントロールするアプリを併用した事もありますが、ただでさえ解析速度が遅いのに利用率を下げてしまったらちょっと遅過ぎる……。全然やめる理由にはならないのですが、そんな事がきっかけでいつの間にか参加しなくなりました。

さて、そんなFolding@Homeですが、最近になってNVIDIAのGPUに対応し、GeForce8シリーズ以降のモデルを使っていれば、超高速で動くという話を聞きました。少し前から対応していたようでやや出遅れましたが、私のPCには9600GTが挿さっているという事で再度参加する事にしました。まあ、近頃はゲームもやらなくなったので新しい使い道が出来て嬉しいというのもあります。

実際に9600GTでFolding@Homeに参加すると……早い早い。CPUだと何日もかかっていた解析が数時間で終わります。最も、厳密に言えばCPUを利用する方とは解析対象が違うところもあるらしいので比較するのは不適切らしいのですが、Folding@Homeにとって役に立っている事には変わりなく。

解析結果が本当に役に立つものかどうかは、実際のところよく判らないところもありますが、興味のある人は参加しても良いのではないでしょうか。敢えてここで説明せずとも「Folding@Home」で検索すれば丁寧に解説しているサイトがそこそこ出てきます(内容が古いものもあるので少し注意)。

七夕

  • 2009年7月 9日 22:20
  • 雑談

私の住んでいる地域では、今年の七夕は曇りでした。七夕の夜に星空が見えないのは少し寂しい事だ。まあ、きっと雲の上では逢えている事だろう……と勝手に想像。

と想像していたら、七夕の雨は天の川の水かさが増えて逢えなくなるらしい。また、「催涙雨」と言って織姫と彦星が流す涙でもあるそうだ。川の水かさが増えたのが先か、涙を流したのが先か判らない雨だけど、雨が降って水かさが増えつつあるのを見ながら涙を流していると考えれば良いのだろうか。

ところで、私の働いている高齢者向けデイサービスでは今年もちゃんと笹の葉を用意して、飾り付けをしたり、利用者とスタッフの短冊をぶら下げたりした。利用者の願い事はやはり「体が良くなりますように」「いつまでも元気で居られますように」と言った願い事が多く、そう言えば初詣の願い事も同じだったと思いだし、元気である事への拘りはかなりの物があるという事を再認識。とは言え、元気になるための事でも疲れる事はやりたくなかったりするので、その辺りは悩みどころ。促すという行為は中々技術レベルの高いもののように思える。

因みに、スタッフの願い事はと言えば……。「宝くじに当たりますように」「給料が上がりますように」「お金持ちになりたい」と、中々俗物的なものが多い様子。私は去年お金持ちになりたいと言う願いを書いたので今年は七夕の日が晴れるようにという願いだったけれど、何となく自分が良い子ぶってるようなイメージを持たれそうな感じ。でも、心の中ではそういう事思ってるから!!

実際、お金の事を気にせずに働きたいなあとは思う。20代も半ばを過ぎ、30が遠くもなくなってくると、親の手を借りず独り立ちしなきゃっていう焦りが何でもない瞬間に湧きあがってきたりと精神的に不安定になりがち。別に、ニートやパラサイトが悪いとは言わないけれど、親が死んだら兄弟にたかって細々と生き、兄弟も居なくなったら死ぬ……って未来は私にとってちょっと怖い。

政治家不信

  • 2009年7月 1日 21:28
  • 雑談

最近、最も違和感を覚えたのは「○○党に対抗する為に○○党と反対の、且つ有効なマニフェストを作る必要が……」云々、という新聞記事。誰かが指摘するまでもなく、政権を取る事自体が目的になっているという事を如実に表す一文。

本来……というか、国や国民の為の政治を行うなら、それが良いものであれば他の党のものだろうが積極的に採用すべき。態々敵対してどうするんだろう。お互いの良いところ悪いところを指摘し合って議論する事は出来ないのか。せめて、揚げ足取りに終始する様な事はない方が良い。どこが悪いここが悪いと言うだけでは駄目で、相手が何を言いたいかを先ず理解し、それに対する矛盾点を指摘する事が出来なくてはならないと思う。そしてその上で相手の言っている事が駄目だと思えば反論すれば良いし、良いと思えば素直に採用すれば良い。ただ単に、全体も見ず言っている事の一部分を取って駄目だの違うだの言っているだけでは「良い方向」に進まない。

党の威信とか威厳とか体裁とか、強大化とか弱体化とか……本当にどうでも良いのだ。相手を非難する事に終始し、お互いに馬鹿にし合い悪意をぶつけ合う現状は、本当に、只の見世物だ。もしかしたら、政治家本人も解ってやっているのかも知れないけれど。

最近の車の計器パネルが気に入らない

  • 2009年6月25日 21:49

プリウスやインサイト、その他、家でも仕事でも使える燃費の良い中級車を見ていたのですが、計器パネルがとても悪い。以下、主観でのお話。

先ずデジタルメーターなのが悪い。(所謂)アナログメーターはパッと見て判るのが良いのに、その利点を捨ててまで「点滅する数字」をきっちり読まなくてはならないデジタルメーターにする意味が解らない。若く目の強い人なら良いのかも知れないけれど、中年を過ぎ視力も動体視力も落ち始めて来る人にとっては、少なくとも優しくない。レベルゲージならまだ解るのだけれど。疑似アナログメーターが併設されている様に見えるのもある気がするけれど、結局のところ「チカチカと動く数字」が邪魔という本質は変わらない。

センターにあるのも悪い。いや、これは前者と違って明らかに悪いとは言えないけれど。ただ、メーターを見るのに首を横方向に動かすのは不自然に思える。これからは真っ直ぐ向くのではなくやや左を向きながら運転するのがデフォルトになるのだろうか。

その他、液晶表示が多過ぎるのが気になる。今迄の様に必要な部分だけ光る方が見易いのに。

以前のパネルで何か不都合があったのだろうか。計器と言うのは、特にスピードメーターや燃料ゲージは大切な物なのだから、慣れ親しんだインターフェースを変更しない方が良い思う。

物的な豊かさなんて結局は心の豊かさを求める為の物なのかもしれない。

  • 2009年6月25日 21:32
  • 雑談

物も心も豊かにと書きましたが、先日の話で例えるなら、詰まるところ仕事以外は最低限の衣食住しか要らないという思いであれば物が豊かである必要もないのです。四六時中、仕事のみが生活であれば全く問題ない。

しかし、結局はどちらも欲の範囲を出るものではなく……性質を見るのであれば、やはり同列、或は同属性であるように思えます。態々再発見などしなくても、人は最終的に自分の為となるように動くと言うのは真理の一つであるのでしょう。

介護とお給料

介護……とりわけ介護保険訪問介護に従事する方々の給与がとても低い、なんていう事は今更言うまでもありません。しかし、介護その他の社会福祉事業(以下、福祉)に携わる人が給与について話をしだすと、必ずとまでは言いませんが、「福祉に携わる者がお金の事を口にするな」「福祉は奉仕の心が大切なのだ」等と言った批判が、外のみならず同業者からも出てくる始末。福祉に奉仕の心が大切なのは解ります。別に清らかである必要はないでしょうけど。しかし、お金に関する言論を封じられると言うのはどういう事なんでしょう。

「福祉に携わる」事とと、「お金を稼ぐ」事は排他的なものではありません。「福祉に携わりながらお金を稼ぐ」事と、「お金を稼ぐために福祉に携わる」或は「福祉に携わりながらお金を優先する」事を混同してはなりません。「人の為に働きながらお金を貰う」事のどこがいけないのか。はっきり申しますと、独立して生活出来るくらいのお金が欲しいというレベルではなく、それなりに(カネ、モノという意味で)豊かな生活を送りたい、という気持ちがあります。心も物も豊かであれば、それに越した事はありません。物に傾倒して心を忘れるのは忌むべき事ですが、しかし両立出来るのであればしたいと思うのです。

勿論財源の問題は知っています。感情論を取り上げてしまいますが解りやすい話として、財源に税が使われているので、無駄遣いは許さないと言われる事は多いです。それは当然です。しかし、他人の為に働いているわけですから、多少の見返りがあっても良いはずです(勿論、それがまともな、素晴らしい仕事内容であればどいう条件が付く事は当然!!)。

私自身、それなりに働きながら月に10万届かない程度の給与で暮らしています。地方とはいえ、ギリギリです。それなりにしか働いていないのだから10万で我慢しろと言われれば、もしかしたらその通りかもと悩む事はありますが……。

清掃、特に汚れ落としに関して。

  • 2009年6月22日 23:39
  • 掃除

洗車に限らず掃除の際に忘れないようにしている事があります。それは、汚れの原因は原則として「埃」と「水分」であるという事です。

私は以前、病院清掃をやっていました。そこでは、濡れたモップや雑巾で拭き上げる、というものではなく、「水を使わない」「水を排除する」「埃を残さない」を徹底した、病院という場所に相応しい清掃方式を採用して居ました。私としては皆さんの過ごす場所が清潔になれば良いなー、というお節介によりここで興味を持って欲しいと思っており、そして興味を持った方の為にこれよりその事をお話ししようと思います。

実は、コストを重視した清掃現場と言うのは、上記のような簡単なもの(洗剤くらいは使いますが)しかやらず、しかも短時間で終わらせる場合も少なくありません。しかし私が居た清掃現場では毎日の清掃でもそのように簡単な手法は取らず、1日6時間という勤務時間では下手をすると足りなくなるくらい丁寧にやって居ました。経営陣とは対立しますが(コストダウンが難しいため)、医師や患者からの評判は上々と、中々遣り甲斐のある仕事ではありました。閑話休題。

さて、その清掃方式というのは先程少し述べたように、兎に角「水」と「埃」を徹底的に除去する事を基本に置くものです。水と埃があれば短い期間で細菌や黴が増殖し、空気中に飛散してしまい、とても不衛生な状態となります。しかもそれらは黒ずみとなり、美観をも損ねてしまいます。 ではどうやって清掃を行うか。

先ず、特殊な布を用いて水を使わず乾拭きし、埃や靴等の汚れを取ります。乾拭きで取れない汚れがあれば、薬品を使って落とします。薬品には水分が含まれていますが、最低でも手で触っても判らないようにしっかりと拭き上げます。薬品は汚れを落とすだけではなく除菌も行う為、ほんの少し濡れているくらいであれば乾燥する間に菌が湧く事はありません。しかし、空気中の微細な埃が固着する原因となるので、結局のところ湿ったままにしておく事は厳禁です。

床、壁面、水周り、トイレ、等々……全ての場所において、水のみを使う事を原則禁じ、薬品を使って吹き上げた後、徹底的に乾かす事により「除菌」と「菌の増殖を予防する」、この二つを実現していたのです。また、原則禁じると言っても大掛かりな清掃では水を使う事がありますが、その場合でも業務用扇風機等を使用し、隅の方や隙間に入り込んだ水までも全て乾かします。

さて、水分の除去については大体述べました。次は忌むべきもう一つの敵、「埃」について少し詳しくお話します。

埃の発生というのは、抑える事は出来ても無くす事は不可能です。少なくとも世間一般の病院では無理であり、手術室ですら微細な埃が漂っています(人体に入っても影響のないレベルではありますが)。即ち、この場合は埃を抑える事も重視しますが、同時に埃が溜まり難く、取り易い環境を作り上げる事が重要になって来ます。

その一つとしてとして、病院清掃に於いては、「廊下を汚れ難くする」事が重要となります。今まで埃々と連呼して来ましたが、当然の如く不衛生の原因は埃だけではありません。靴による泥汚れ、カートによるタイヤ跡等々、廊下は手触り部分と並ぶ不潔な部分です。強力に固着した様々な汚れは大気中の水分と混ざり、容易に菌を増殖させます(そもそも、靴の汚れは最初から水分が混ざっていたりします)。ではどうするか。

「鏡面仕上げ」は一つの答えになります。ツルツルに磨き上げられたものには汚れが固着し難くなるという単純な理論です。病院清掃の場合、ワックスを塗り、傷が付けば汚れを取った上でバフ(磨き機)を掛け、少し痛んできたら表面のみ削って重ね塗りし、取れない汚れが目立ってきたらワックスを溶剤で溶かし剥離させ、まっさらの状態からまた塗り直す。このような行程をある程度のサイクルとする事で、埃や汚れが付き難い状態を作り出すのです。

ここまで述べた事は基本であり、実際は更に他の清掃行程がありますが、原則は同じです。家庭での掃除(拭き取り過程を含む)で水を使わない事は難しいのですが、意識しておくと掃除の仕上がりが多少なりとも違って来るかも知れません。また、次の掃除がやり易くなる事は請け合いです。

ところでこれは言うまでもなく洗車にも当てはまるのですが、その話はまた今度。

ポリッシャーで車磨き

  • 2009年6月21日 22:58

最近、車を洗うのが好きになりました。そして段々と凝ってくるようになり、ワックス塗布前の下地作りに手を出すように。最初はホルツのコンパウンド3点セットやシュアラスター・スピリット等を用意し、手磨きで頑張りました。しかしこれが芳しくなく、確かに綺麗にはなるものの、傷を消す事は叶わず……手磨きの限界をひしひしと感じてしまったのです。

と言う事で、機械による磨きに挑戦しよう!! ところが、初心者でも扱える機器として、コンパクトツールのP-185NやマキタのBO5010がよく紹介されているのですが……前者は値段的に手が届かず、後者はほぼ仕上げ用との情報があったので、ちょっと手を出せない。代替出来るような良いものはないか……。

そこで発見したのがリョービ RSE-1250(セキチュー楽天市場)!! スペックを見たところ初心者にも扱えそうに見え、BO5010よりも削れそうな感じ……? 回転数の調節機能も良い。そんなわけで思い切って購入してみました。因みにコンパウンドは3Mのハード1Lとハード2L、バフはスポンジの極細目、超極細目を選択。

これら一式、本来はトヨタ・イプサムのホワイトを磨く為に用意したのですが、やろうと思ったら家族が使用中だったので別の車、三菱ミニカの濃緑(色名判らず、7代目の3ドア、3ATバンのカラー)をやる事にしました。

このミニカは数年前に6万Km前後のものを中古で買ったものですが、まともな洗車を始めたのがここ数ヵ月、大体9万Kmを超えた辺りというシビアなコンディション。全体としては購入時期を考えるとまだ綺麗な方。艶自体はまだ残ってます。とは言え傷や染みがそこそこあり、特に鍵穴周辺は白くなって塗装がはげそうに見えるくらい。しかし今回はその鍵穴周りではなくボンネットに施行。いえ、限られた時間の中でどこを一番最初にツヤツヤにしたいかと言われたらボンネットと……。素人がいきなりボンネットに手を出すのは原則厳禁ではある事は重々承知の上での挑戦です。

先ず機械の使い心地ですが、これはかなり使い易い。ポリッシャーは業務用床磨きの大きいものしか使った事がないので車を磨くような手で持つタイプは使った事がないのですが、重くないし最高回転数でも跳ねません。最も、バフとコンパウンドがほぼ仕上げ用の細かいものだったおかげかも知れませんが。

削りに関しては、結論から言えば……少し失敗。前述した通りバフとコンパウンドが細か過ぎて染みや深い傷、以前試した事のあるヤスリ傷(!)が完全には取れませんでした。ただ、染みに関しては薬品……ウォッシャー液や洗剤で出来たものに似ており、かなり頑固だった事は付け加えて置きます。深い傷と同様、これを削るにはもう少し粗めのコンパウンドか、バフ自体も固いもの……もしかしたらウールバフが必要になるかも。

しかし削りには失敗したものの、仕上げは上々。深い傷以外は消え、ヤスリ傷の一部も傷ではなく極薄の模様のように滑らかに。夜の水銀灯下でも確認したところ、昼間に確認できた傷以外は完全に消えていました。かなり慎重に色々な角度から見ましたが、うっすらとした線が全く無い!! 塗装のコンディションを考えると75点は付けられそうです。

そして、最後のワックス塗りではシュアラスター・MGを。いっそザイモール・チタニウムでも購入して塗れば良かったかな!! MGって艶は良いけど直ぐ汚れちゃうので。とまあ、そんなわけでツヤっツヤのピっカピカで気持ち良くなりました。……ボンネットだけ。

心機一転

日記をまたやり直し。MTも入れ直したからまたテンプレートを弄らないと。

取り敢えずは過去の日記をサルベージ。